トピックス

南房総の紅葉スポット 小松寺・沢山不動滝

南房総 紅葉狩り 小松寺・沢山不動滝

11月の後半頃には、南房総も紅葉が色づく季節を迎えます。南房総のおすすめ紅葉スポットをご紹介します。

南房総の紅葉の名所 小松寺(見頃11月下旬から12月中旬)

南房総市内でも指折りの紅葉スポット。1200年続く歴史ある古刹で、境内をはじめ周辺の森林も散策スポットとして人気です。
小松寺の歴史は古く、文武天皇の御代(683~707年)に小さな庵が建てられたのを起源に、 江戸時代には徳川家康・里見義康より寄進された多くの田畑をもつ修行道場ともなり、多くの僧が集う寺院となりました。 元々は天台宗の寺院でしたが、現在は真言宗智山派として49代目の住職が継承されています。
またこちらの寺院は里見八犬伝の里見家の埋蔵金の言い伝えが残っており、全国宝探しの地図に登場する地としても知られています。
 

 
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo

小松寺(こまつじ)
〒295-0013 千葉県南房総市千倉町大貫1057
TEL:0470-44-2502
公式サイト:http://www.komatuji.com/

 

南房総の秘境 沢山不動滝とかじか橋(見頃11月下旬から12月中旬)

南房総市三芳地区にある沢山不動堂にかかるかじか橋と、長沢川の3段の滝が沢山不動滝と呼ばれています。 かじか橋は南房総市内で唯一のつり橋で、落差15mの滝はそれぞれの滝壺があり、川底まで透き通った清流となっています。 遊歩道で散策もでき、つり橋と紅葉のコントラストを楽しめます。今話題の君津市の濃溝の滝に並ぶ、南房総の秘境と呼べるのではないでしょうか?
現地までは南海荘より車で約40分の距離です。大変細い道であることと、駐車場が5台ほどですので、ご注意ください。
 

 
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo

沢山不動滝(さわやまふどうのたき)
〒294-0806 南房総市上滝田沢山52外
TEL:0470-36-4116(道の駅三芳村・鄙の里)
参照サイト:http://www.mboso-etoko.jp/therapy/road/road05.html

 

もはや説明不要の人気スポット 濃溝の滝

インスタグラムに投稿された写真から瞬く間に人気となった濃溝の滝。現在も多くの観光客が訪れています。 南海荘スタッフが足を運んだのは初夏の頃でしたので、紅葉の写真がありませんが、11月下旬頃に再度訪問してみたいと思います。
話題になってから、周辺の道路は週末は渋滞が多いようですので、お時間に余裕をもっておでかけください。

 

濃溝の滝(のうみぞのたき)
〒292-0526 千葉県君津市笹 清水渓流公園内
濃溝の滝 特集ページはこちら>>