八雲

  • おたのしみ会席
  • 姫神会席
  • 山陰贅沢三昧会席
  • 八雲

昭和天皇の献立にちなんで「八雲 春のお品書き」

 
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo
「八雲」春のお品書き
島根の郷土色にこだわった前菜「春の八品」、御造里は地元でしか味わえない幻の海老「猛者海老・もさ海老」に鱸の昆布〆。繊細な御椀物から松江の名物「玄丹そば」に鮑の磯煮をご賞味頂きます。のどぐろ玉子のけんちん焼きに鯛の塩蒸し、天婦羅とおもてなし料理が続きます。〆のお食事は出雲地方に伝わる伝統の郷土料理「ぼてぼて茶」です。伝統と風土をお楽しみ下さい。
※ 天候など食材事情によりお料理が一部変更となることもございます。予めご了承ください。
※ぼてぼて茶
茶どころとして知られる城下町・松江市。元々、奥出雲のたたら製鉄の職人さん達が高温で過酷な作業の合間に、立ったまま口に流し込んでいた労働食だといわれています。
また、不昧公の時代の非常食だったと言う説や、上流階級の茶の湯に対抗して庶民が考え出した、趣味と実益を兼ねた茶法だとする説等いろいろです。
乾燥した茶の花を入れ、煮出した番茶を丸みのある筒茶碗に注ぎ、長めの茶筅で泡立てます。この泡立てるときの音から「ぼてぼて茶」の名がついたといわれています。
泡立てたお茶の中に、おこわ、煮豆、きざんだ高野豆腐や漬物などの具を少しずつ入れれば出来上がり。箸を使わず、茶碗の底をトントンたたいて片寄せた具をお茶と共に流し込みます。
  • お電話でのご予約・お問い合わせ TEL:0852-62-0011
  • 宿泊プラン予約はこちら
  • お問い合わせはこちら