温泉





玉造温泉のいわれ
奈良時代初期に開かれ、日本でも最古の歴史をもつ玉造温泉は、大国主命とともに国づくりをした少彦名命が
発見されたという言い伝えがあります。出雲風土記(天平5年/733年)には「ひとたび濯げば形容端正しく、
再び浴すれば万の病ここぞとに除こる」とあり、そのため「神の湯」とも呼ばれたと書かれています。


枕草子にも登場
平安時代には「玉造」の名は京の都まで届き、貴族の間でも評判になっていたと清少納言は「枕草子」で
触れています。


松江藩主にも愛された
江戸時代、松江藩は泉質もよく地の利にも恵まれた玉造温泉に別荘「お茶屋」を設け、代々の藩主が静養に
訪れました。そのころには湯どころに温泉の管理者として「湯之介」が置かれ、当館の温泉も「湯之介」が
管理する温泉でした。


近代の玉造温泉
明治維新で松江藩が解体されると、「湯之介」の支配もなくなり、各旅館が競って泉源を掘りました。
インフラも整備され、明治42年には松江宍道間の鉄道が敷かれ、明治45年には山陰線京都駅出雲今市
(現在の出雲市)駅間が開通。玉湯川の土手の桜も植樹され、今日の玉造温泉の形ができました。


美肌の湯として
「一度洗うと美しくなり、二度入るといろんな病気も治る」と出雲風土記で記されたように、湿いを与える
力や保持する力が高いという研究結果も一説にはあり、近隣の縁結びのパワースポットとも併せて女性に
好まれる温泉街として注目されています。


  • お電話でのご予約・お問い合わせ TEL:0852-62-0621
  • 宿泊プラン予約はこちら
  • お問い合わせはこちら