新着情報

新着情報

バックナンバー一覧へ

画像をクリックしてパンフレットを拡大してご覧いただけます

旅の記念に、ちょこっと体験♪♪ new

観光三昧・ショッピング・骨休め…と、ご旅行の目的は様々だと思いますが、そこにちょっぴり“体験”をプラスしてみるのはいかがでしょうか?
ここ南房総では、花狩り・味覚狩りはもちろんのこと、農業・漁業体験メニューも用意されていますし、その他にも気軽にできる“ものづくり”体験が色々揃っています。
今回は、中でもちょっと珍しい“シルバーアクセサリー作り”をご紹介してみたいと思います。


体験施設は当館より車で約30分、館山市那古(たてやましなご)の彫金工房「冨銀(とみぎん)」。
体験内容は、ペンダント・バングル・リングの3コースから選べます。体験時間は1.5時間くらい~。

純銀を、切ったり叩いたりねじったり、模様や文字を刻印したり。難しそう…なんて心配はいりません。オーナーがつきっきりで懇切丁寧に指導してくれるので、誰でもできちゃいます♪ 

世界に一つだけのオリジナルアクセサリーを旅の思い出として持ち帰るなんて、とても素敵ですね!

※ご予約は、電話かメールでお願いいたします。
彫金工房 冨銀(とみぎん)

電話:090-7838-4555
メールアドレス:maestro@tomigin.com

 
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo

2019/2/8 甘~い誘惑 new

房総の春で忘れてならない、花と苺。ここ白浜には、苺園が2か所あります。また、露地花摘みのできる農園も点在していますので、遠くまで移動しなくても両方楽しむことができるので便利です!

当館より車で約2分の「白浜いちご狩りセンター」のハウスの中では、お日さまを一身に浴びた苺たちが、次々と熟しています。つやつやと真っ赤な見た目のかわいらしさと甘酸っぱい香りには、もうメロメロ…。ついつい手が伸びてしまいます♪
綺麗なお花は心の栄養に、そして甘~い苺は美容と健康に!花摘みと苺狩り、ぜひぜひ体験してみてください!!

当館では4月まで、この「白浜いちご狩りセンター」の“30分食べ放題チケット”付き宿泊プランを販売しております。1部屋ごとに1個、苺に関連したお土産も付いて、ちょっぴりお得なプランです♪
苺は“高設栽培”を取り入れているため、無理の無い姿勢で食べていただけます。またバリアフリーなので、ベビーカーや車椅子での入園も可能です。
ご予約をお待ちしております。
いちご狩りプラン詳細はこちら>>

 
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo

2019/2/5 節分の豆まき new

陰暦では新しい年の始まりとされた立春。その前日、季節の変わり目という意味の節分には、邪気を払うために豆まきが行われますね。当館でも各部署で盛大に、鬼打ち豆がまかれました。

写真は、フロントでの様子です。先頃ご紹介しましたウリ坊ブラザーズ、年男ではありませんが、若いスタッフには経験が第一! というわけで、イノシシと鬼に扮し、豆まきにも大活躍です。
いかにもご利益のありそうな“成田山 節分会”と墨書された福枡を手に、「福は内、鬼は外」の掛け声も高らかに、つつがなく大役を果たしました。さてさて、鬼を追い払うことはできたのでしょうか…。

ホテルにも、スタッフにも、そしてお客様のところにも、福が舞い込むことを祈ります。

 
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo

2019/2/1 花のじゅうたん new

南房総地域は、音に聞こえた花どころです。
大正時代に、現在の南房総市和田町で始められた花栽培は徐々に近隣地域へと広がり、今では一大生産地となりました。露地やハウスで様々な種類の花を作っています。これらは市場へ出荷されるばかりでなく、“花摘み”など観光資源としても、生産者の生計を支える産業となっています。

当館のある白浜地区やお隣の千倉地区には、露地花の花摘み農園が特に多く点在しています。昨年は台風の被害を受けたために生育が悪かったのですが、今年は秋口の暖かさもあってか、早くも咲き揃ってきました。
色とりどりのお花畑は、淡い春色のじゅうたんのよう。中へ入れば、甘やかな香りが鼻をくすぐります。からだ中で早い春を感じてください♪

 
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo

2019/1/28 千葉で最も早い桜、八分咲きです♪ new

南房総市の東の端、鴨川市との境目近くにある、和田町花園(はなその)地区の「抱湖園」(ほうこえん)。農業用の小さな堰(せき)の周りの山を開墾して造られたため、この名がついたそうです。
園内には、梅・椿・蘇鉄などの木々が植えられているのですが、ここのメインは早咲きの寒桜。寒中、百花に先駆けて咲く、と言われる梅よりも先に開花します!

この桜は、“旧暦の元日の朝に咲き始める”とされることから、「元朝桜」(がんちょうざくら)と呼ばれています。同じく早咲きの「河津桜」は全国に名を馳せ、近年は各地で見られるようになりましたが、それに比べて元朝桜の方は「何て読むの?」と尋ねられるほどで、残念ながら知名度はそれほど高くないのでは…。

開花期はその年の気候に左右されますが、概ね1月中旬頃から2月中旬頃。今年は多少早めでしょうか。木によってバラつきはありますが、早い場所では既に八分咲き程になっています。
色は少し濃いめのピンク色で、小ぶりの一重咲き。枝先にみっしりと蕾がつき次々と開いていくので、約一か月もの間、花を見ることができます。ソメイヨシノとはまた一味違った風情をお楽しみいただけると思います。


※2月3日(日)~2月28日(木)は“桜まつり”期間です。初日にはイベントが開催され、多くのお客さまで賑わいます。ぜひ お出掛けになってください。4日以降の、特に平日は混み合わずゆっくりと散策できるので、これもおススメです!

当館から抱湖園までは、車で約40分。ぜひご覧いただきたく思います。

 
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo

2019/1/28 いちめんのなのはな new

抱湖園の元朝桜をご紹介しましたが、付近には菜の花スポットもあります。
写真は、抱湖園下桜並木の下側、それと国道128号線沿い市営駐車場の裏側、の2か所のもので、市内では広めの菜の花畑です。

南房総は食用菜花の生産が盛んです。もちろん観賞用の品種とは異なりますし、また花芽を出荷している間は緑色の畑ですので、観光客の目を愉しませる菜の花畑というのが意外と無いのです。 そんな中で、これらは純粋に“お客様に見て楽しんでいただこう”という思いで植栽されている畑です。
今年は他の露地花同様生育が良く、早くも12月のうちから咲き始めています。
菜の花の黄色は、本当に暖かな色ですね! 体も心も、ほっこりと温まるようです。その上、甘~い良い香り。何とも優しい気持ちになります。

近辺には小さいながらもいくつかの菜の花畑が点在していますので、今なら元朝桜と共にお楽しみになれます。菜の花のみでしたら3月上旬頃まではご覧いただけると思いますので、ぜひお出掛けになってください。

※3月に入ると、出荷の終わった食用菜花が花を咲かせ、畑は黄色一色に変わります。こちらも案外きれいなものですよ♪

 
  • Photo
  • Photo

2019/1/25 シリーズ写真「房総の滝」 new

昨年末当館にOPENしたギャラリーは既にご紹介済みですが、その展示写真「房総の滝」シリーズに新たな作品が加わり、全23枚を数えました。
当地に住んでいる私も、恥ずかしながら、これらのほとんどに足を運んだことがありません。房総地域にこんなに多くの滝があるとは!改めて教えられました。

撮影者である当館スタッフは、当然自身の休日を使って撮影に出掛けることになります。しかもお天気の良い日に。ですから、晴天が続いていたりすると滝の水量が少なくなっており、綺麗な写真が撮れないのだそうです。それが目下の悩みとか…。

ご本人には不満もあるのかもしれませんが、でも本当に素敵な写真なんです!見ているだけで心が安らぎます。
ご来館の折には、ぜひご覧になってください。

 
  • Photo
  • Photo

2019/1/22 “猪突猛進”で頑張ります!! new

今回は久々にスタッフの紹介をさせていただきます。
入社2年未満のニューフェイスが、このたびホテルの顔とも言えるフロントスタッフとして揃いました。

見てください、この若若しさと初初しさ!ホテル全体が一気に明るく若返ったような気がします。

今年は亥年ということで、イノシシの被り物を着け「頑張りますっ」の決意表明!
中央はこのチームを率いる姐御肌のお姉サマ、そして両脇には彼女を慕って従う瓜坊たち。
若いパワーでまっしぐら、猪突猛進の志しも新たに、笑顔を振り撒きながら新春のフロントに立っております。

若者達はスポンジのように新しい物事を吸収し、めきめきと成長しています。
爽やかな彼らを、ぜひ温かい目で見守っていただきたく思います。


※彼らは、いつもこのようなふざけた格好をしているわけではありません、念のため。
普段は一日でも早く一人前になるべく、まじめに励んでいます。

 
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo

2019/1/8 新しい年を迎えました

寒中お見舞い申し上げます。
皆々様、お健やかに新年をお迎えのことと存じます。 昨年は、地震・台風・豪雨などの自然災害が、畳みかけるように列島を襲いました。
それらの傷が一日も早く癒えることを、そして本年が静かで平和な一年になることを、切に願います。

当館もまた一つ齡を重ねました。施設は古くはありますが、その年輪にふさわしい、味のある宿になりたいと思っております。
スタッフ一同、本年も“すべてはお客様のために”を旨としたおもてなしに努めて参りますので、何とぞご贔屓賜りますよう、お願い申し上げます。


さて、正月三が日はロビーでの樽酒ふるまいに福引き大会、朝食のお節料理やお餅など、館内は華やいだ雰囲気に包まれました。
ご宿泊のお客様にも、楽しくお過ごしいただくことができたと思います。
やはり、年の改まった厳かな感じと、おめでたい気分は良いものですね。無事に年を越し、新年を迎えた喜びをかみしめたく思います。

そうこうしているうちに松も取れ、また平生の暮らしに戻りました。
そして、南房総では既に、一足早い春のシーズンを迎えています。
色とりどりのお花や甘~いいちごが、皆様をお待ちしていますよ!
どうぞお出掛けになってください。

 

2018/12/27 <宿泊プラン>6月までのご予約受付中!

南海荘では来年6月までのご予約受付中です!
毎年好評の1月からの「いちご狩りプラン」がおすすめ。
宿泊プラン一覧はこちら>>

旅の計画は考えた時から楽しい気分が続きますね。
春休みやゴールデンウィークなどお休みの予定が決まったら、早期予約でお得なプランもございますので、ぜひご覧ください。

 
 
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo

2018/12/25 ギャラリーがOPENしました♪

この度、館内に写真ギャラリーが新設されました。場所は、ロビーから大浴場へ向かう途中、階段を上って右手側です。
向かって右半分の大判の作品は、お客様が撮影された白浜の風景。灯台やお花畑など、とても素敵な写真です。
これまでは4階廊下に飾られていたため、一部の方の目に触れるだけでしたが、新たな展示場所を得、多くの方々にご覧いただけるようになりました。

そして左半分は、フロントスタッフの星野が撮影した、“房総の滝”シリーズ。
趣味とは言え、玄人はだしの腕前です。今後、作品の数も増えていくことでしょう。

当館にお越しの折には、ぜひお立ち寄りくださいませ。

【重要】会員登録不要で予約できる機能を追加しました!

当ホームページでは従来ご予約の際にWeb会員登録が必須となっておりましたが、このたび会員登録をせず手軽にご予約いただける機能(ゲスト予約機能)を追加いたしました。

予約の過程でプラン詳細画面から以下のような画面に進みますので、
 この機会に会員登録もされたい方は、  ①「お客様登録」 お客様登録をして予約
 今回は会員登録をされたくない方は、  ②「ゲスト予約」 お客様登録をしないで予約
をお選びください。

(注)[お客様登録をしないで予約](ゲスト予約)の場合は、必ず「利用規約とプライバシーポリシーに同意」にチェックを入れてからお進みください。

~ お客様登録(会員登録)のメリット ~
 ★ご希望の方は、お得なプランやおすすめ情報をいち早くメールマガジンで受け取ることができます!
 (メルマガ配信は不定期です。会員先行発売、会員限定プランなどをご案内することもあります。)
 ★次回以降ご予約の際に、お客様情報の入力が簡単になります!
 ★複数のご予約をいただいた場合、予約一覧表示機能で予約の管理が楽になります!
 

バックナンバー一覧へ

  • お電話でのご予約・お問い合わせ TEL:0470-38-3500
  • 宿泊プラン予約はこちら
  • お問い合わせはこちら