最新情報

2021/2/2 「布良星(めらぼし)」を見つけよう!

前回ご紹介した「布良星(めらぼし)」=「カノープス」を、実際に見てみたくはありませんか?
なかなか難しいようですが、見つけられた方はとてもラッキーです♪
見つけ難い理由
1.南の水平線すれすれの位置に、ほんの1時間程しか姿を見せないこと。
2.全天で最も明るく輝く「シリウス」に次いで2番めに明るい星でありながらも、大気の影響を受けるため、赤く暗めの光になってしまうこと。

ですが、2月に入ると19時~21時頃に現れるため、比較的観察し易いようです。(2月20日には、20時にちょうど真南に見えます。) 南海荘からは、目の前の海が南の方角ですから、もちろん障害になるものはありません。水平線上に雲が無ければチャンスです♪ 
2月10日頃くらいからが、時間的にも見易いかと思われますが、15日以降は月が出てくるので、それ以前の方が好条件でしょうか。あとは…お天気と“運”ですねっ!

以前ご紹介した「冬の大三角」や「シリウス」を目印に探すとよいでしょう。(シリウスから水平線に向かい、まっすぐ下がって少し右)

中国では、“この星を見ると寿命が延びる”とも言われているそうです。ぜひチャレンジしてみてくださいね!もし見つけられなくても…、“満天の星”をお楽しみください。
「布良星」の位置イメージ図